コミック・イラストエッセイ

宝島社さんより打診を頂き出版しました拙著です。

超高齢化社会が加速する現在、自宅介護入門書としての介護コミック&イラストエッセイです。祖母の介護に27歳より約22年関わり享年104歳で見送りました。テキストベースはホームページですが、3分の2以上が描き下ろしのイラストとコミックです。在宅介護の前半の様子を中心に展開しています。その一部を。

2000年に介護保険制度がスタートしてから、介護に関して家族はサービスを使うことに抵抗が少なくなりいいことだなと思っています。ですが、そのサービスを使うことでのお困りごとは、約18年経った今でも殆ど変わっていないのでは。介護に関して、人に話しがし易くなりましたが、気持ちの手当はいつになっても後回し。ああしんど〜と煮詰まったときは、やっぱり笑いが一番やと思うのです。